絹の会

      創作きものにしお    催しもの    季のきもの    きもの自在    悉皆    アクセス                                    トップ

        活動報告UP   会員ページ



主旨・入会案内

◎主旨 
「絹の会」は、養蚕農家・製糸業者・絹業者の連携により、国内で生産された繭・生糸を原料とする純国産絹製品を「国産ブランド」として確立し、蚕糸絹業の持続的発展を図ることを目的に設立された会です。
存亡の危機にある蚕糸業を残すためには、何よりも上質の糸を養蚕農家と製糸が力をあわせ安定的に供給する以外に道はないと考え、6年前から大胡町の養蚕農家3戸に群馬のブランド繭の特約生産をお願いし、それを碓氷製糸で生繰りした生糸を全国の染織作家に供給しています。この事業は、今回の国が示した連携システムそのものでもあります。この事業の延長上に「絹の会」を発足させました。
「絹の会」では、蚕種業、養蚕業、座繰りも含めた蚕糸業についての情報提供やイベント紹介、高品質生糸・特徴のある生糸の紹介と斡旋、講演会・見学会・研究会等の開催などの事業を、今後行ってまいりたいと考えています。