創作きものにしお    催しもの    きもの自在    季のきもの    悉皆    絹の会    アクセス                           トップ
  涼  月
涼月のきものは、夏の織の帯。未精練の赤城座繰り糸で織った帯は、風を通し見るからに涼しそうです。二人の染織家の帯をご覧いただきます


藍生葉染着尺 お仕立上り 158,000円(税抜)
赤城座繰り糸を藍の生葉で染めて細い縞を織り出した夏紬。座繰り糸ならではのシャリっとした地風が特徴です。

山下健作 浅葱地段絣夏九寸帯
浅葱色に染めた赤城座繰り糸で絣と段を織った爽やかな帯です。





墨地経絣夏着尺 お仕立上り 155,000円(税抜)
越後小国の柿渋と泥で染められた、深い墨地に長い経絣の縞模様のきもの。

山下健作 黄地段絣夏九寸帯
刈安で染めた承和色(そがいろ)と言われる、少しくすんだ黄がすがすがしい名古屋帯。濃地のきものでも、薄地のきものでも。





明石縮 お仕立上り 168,000円(税抜)
経緯絣で変り十字のきもの。蝉の羽ともいわれた明石縮は、にしおの夏の定番品です。

柳崇作 墨地めがね織夏九寸帯

墨地にレンガ・藍・緑の糸によるめがね織