創作きものにしお    催しもの    きもの自在    季のきもの    悉皆    絹の会    アクセス                           トップ
  水  月
水月のきものは、夏のにしおオリジナルすくい八寸帯をご覧いただきます。すくいの八寸帯もテーマを決めて季節ごとに作りますが、今回は最も人気のある若冲の絵をはじめ、涼しそうにコーディネートしていただける模様を、夏のおしゃれ着に合わせてみました。

大波小紋付下 お仕立上り 185,000円(税抜)
加山又造が描いた琳派大波からヒントを得た大波小紋付下。シャリ感のある長浜の紗の生地に染めました。

夏すくい八寸帯 「鯉」 お仕立上り 143,000円(税抜)
伊藤若冲の水墨画より写した鯉。お太鼓から飛び出さんばかりの迫力ある模様です。

丸山美術帯留 べっ甲「かぶ」 24,000円(税抜)





茶屋辻訪問着 お仕立上り 265,000円(税抜)
絽ちりめん生地に藍の濃淡で茶屋辻模様を型染した訪問着。水辺の風景が涼感をよびます。

夏すくい八寸帯 「千鳥」 お仕立上り 143,000円(税抜)
黒地の波間を飛ぶ千鳥文様のすくい帯。

丸山美術帯留 べっ甲・蒔絵「柴舟」 23,000円(税抜)





明石縮 お仕立上り 120,000円(税抜)
新橋という色の明石縮の無地。新橋は明治の終わりから大正にかけて流行った色です。何故、新橋というのでしょう。明石縮の素材感にぴったりの色です。

夏すくい八寸帯 「百合」 お仕立上り 138,000円(税抜)
円取、山百合模様のすくい帯。これも若冲の天井画からです。

丸山美術帯留 さんご「玉棒十連二列」 8,000円(税抜)





赤城夏紬 お仕立上り 138,000円(税抜)
赤城ざぐり糸を用いた大格子。夏ものでなければ表現出来ない大胆なきものです。

夏すくい八寸帯 「鬼の太鼓釣り」 お仕立上り 143,000円(税抜)
江戸時代の大津絵にあるユーモアあふれる図柄。太鼓を落とした雷様が波間を漂うおたれの太鼓を吊り上げようとしています。

丸山美術帯留 琥珀・黄水晶「玉カット三連」 32,000円(税抜)